⋆リアルな夜勤看護師の1日⋆  ~急性期編~

PVアクセスランキング にほんブログ村

今回は急性期の夜勤看護師の1日についてお話していきたいと思います(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

これから「看護師として働くために参考にしたい!」や「働いたことのない期での病棟の雰囲気が知りたい!」「転職を悩んでいる!」といった方にも参考になればと思っています。
こっちゃん

ここにテキストを入力※私の経験した病院の話なので、他の病院とは違う点がいくつかあると思います(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)あくまで1例として読んで頂けたら嬉しいです(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

目次

16:00 出勤

  • 患者さんの情報収集を行う(固定チームナーシング制のため担当患者は固定されています)
こっちゃん

この制度のおかげで受け持ち患者さんの把握がしやすいです!

16:30 申し送りを受ける

  • 総リーダーや日勤メンバーより患者さんの状態申し送りを受ける
  • 情報収集の続きを行う
こっちゃん

夜勤は3人で1人あたり12~18人ほど患者さんの受け持ちを行っていました(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

17:00 担当患者さんのラウンド

  • 患者さんに本日の担当であることを声かけしていきます
  • 重症患者の状態観察、バイタルサイン測定
  • 食事の準備(体位調整など)
  • 食前の内服薬を配薬する
  • 血糖、インスリン注射を行う
こっちゃん

自己注射を練習している人は少し早めに訪室し、指導を行っていました。

18:00 食事介助、服薬介助

  • 自己摂取困難な患者さんは食事介助を行う
  • 食後の内服薬を配薬する
  • 口腔ケアの準備、介助、片付けを行う

19:00 1人ずつ交代で食事休憩をとる

  • 食事休憩を1人ずつ交代でとる
  • 休憩中の処置は残りの看護師に引継ぎを行う
  • 休憩ではない看護師は点滴管理、処置、清潔ケアなどなど
こっちゃん

24時間抗がん剤もあるので、あれば投与観察を行います。

21:00 入眠の準備をする

  • バイタルサイン測定をする
  • 点滴管理、抗がん剤の症状観察
  • トイレ誘導をする
  • 眠前薬の配薬をする

22:00 消灯、記録をする

  • 夜勤リーダーへ患者さんの状態報告をする
  • 患者さんのラウンドを行い、入眠を促してから記録を始める
こっちゃん

1人では介助困難な患者さんのおむつ交換や体位変換は2名で行います。消灯後はすでにぐったりです(笑)

23:00 ひたすら記録をする

  • ひたすら記録!
  • ナースコール対応
こっちゃん

多い時で10~15分ごとにナースコールが鳴ることもあります。夜になると眠れなかったり、認知症やせん妄の患者さんもいるので対応します。

00:00 巡視、仮眠、ナースコール対応

  • 受け持ち患者さんの巡視へ(起床まで何度も訪室します。)
  • 交代で仮眠をする(夜食もこの時間で食べます(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ))
  • ひたすら残りの記録!ナースコール対応!
  • 患者さんのカルテの内容を確認する
こっちゃん

時間がある時は、「今日明けでどこか行くの?」「最近の恋愛事情はどうなん?」など、みんなでお話します。

06:00 起床ラウンド

  • 点滴管理
  • 採血を行う
  • バイタルサイン測定、症状観察などラウンドする
こっちゃん

この時「もうすぐだ…!」と思いながら気合を入れなおします(笑)

08:00 食事ケア、口腔ケア

  • 血糖測定、インスリン注射を行う
  • 食前薬の配薬
  • 食事介助や口腔ケアの実施、片付けを行う
こっちゃん

このあたりから「申し送りが近づく…」とドキドキしながら仕事していました(笑)

08:30 申し送り

  • 日勤看護師へ夜間の患者さんの状態について申し送りをする
こっちゃん

心臓バクバクです(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)(笑)

08:45 記録する

  • 朝の患者さんの記録をする
こっちゃん

このあたりから安心感からか急激に睡魔におそわれます(笑)

10:00 退勤する 

こっちゃん

メンバーによっては、夜勤で持ち寄った残りのお菓子をつまみながら、お話することもあります(笑)

以上がおおまかな流れになっていました(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

日勤時と同様、これに緊急性の処置や緊急入院が入ると、朝までフル稼働で働くこともありますね(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

夜勤はメンバーが少ない分、繊細さん(HSP)にとって一緒に勤務するメンバーが重要となってきます。苦手な人、嫌いな人は無理に話そうとしなくても大丈夫です。

下記内容ももしよければ参考にしてみてくださいね!

こっちゃん

この時は繊細さん(HSP)について知識がなかったので、果敢に話しかけに行き→疲れる、愛想笑いが増えるを繰り返していました。( ´・ω・`)

夜は長いので上記のように繊細さんにとって、できるだけストレスを最小限にできるように工夫してみましょう(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

どうしても無理な場合は、無理をせず相談することも大切です。意外と勤務を考慮してもらっているスタッフもいましたよ…(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

この記事が少しでも参考になれれば嬉しいです(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

こっちゃん

Twitter(@nurse_hsp)もしてますので、もしよければ覗いてみてください(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

ブログ村に参加中♪♪ポチりと応援してもらえると嬉しいです♡

繊細さん(HSP)ナースのゆるゆるブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる