⋆【繊細さん=HSP】心地の良い人間関係をつくる方法⋆

PVアクセスランキング にほんブログ村

なぜ人間関係での悩みがつきないんだろう…?

  • 苦手な人から好かれやすい
  • 気のりしない相手からのお誘いが多い
  • 自分を繕いすぎて本当の自分がわからない…

そう感じているHSPさんは多いではないでしょうか。

HSPさんは相手の感情にも敏感なため、相手が求めていることを察知し『求められる人間像』になろうとします。

誘いを断ったら相手の気を悪くしてしまうのではないか。

苦手だと相手に気づかれたくないな。

嫌われたくないな…。

このような感情を抱えているため、”自分の意思”よりも『求められる人間像』を優先してしまい、どんどん自分がどうしたいのかさえ分からなくなっています。

こっちゃん

苦手な人にも好かれようと近づいていく始末…。

そして”苦手”という感覚さえどんどん鈍くなり、人間関係に疲れてしまうこともよくありました。

そんな時、この本に出会いました。

この本に書かれているように、

”素の自分”を出して『好き』な人と過ごす時間を大切にする

を意識すると…

  • 苦手な人からのお誘いが減った
  • 好きな人と過ごす時間が増えた
  • 気疲れや人疲れが少なくなった

筆者の人間関係もいい方向に変化していきました。

そんなHSP気質な筆者が、”どうやって心地いい人間関係をつくることができたか?”実践した体験を交えながらお話していきたいと思います。

こんな方に読んでほしい!
  • 人間関係に悩んでいる人
  • 『他人が求める人間像』から抜け出したい人
  • 心地いい人間関係をつくりたい人
こっちゃん

人間関係に悩まれている方の参考になれば嬉しいです(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

                 

目次

”素の自分”を理解しよう

『好き』『キライ』の感情を大切にする

心地いい人間関係をつくるには、まず”素の自分”を知ることから始めます。

しかし『周りから求められている人間像』を繕う期間が長ければ長いほど、

”素の自分”とは…?(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

と迷走しやすくなりますよね。

こっちゃん

”素の自分”と言われても難しい…。

そんな時”頭で考えずにスルスル言葉が出てくる相手”を思い出してみましょう。

  • 家族
  • 夫や妻
  • 親しい友人

などなど…(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

こっちゃん

私の場合は夫だなぁ。

”頭で考えずにスルスル言葉が出てくる相手” と関わっている時は、

嫌われないかな…?

断ったら相手の気を悪くしないかな…?

などの感情がよぎることなく、自分の思ったことをスッと相手に伝えれていますよね。(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

そして、そういう人との会話って気疲れや人疲れする機会が少ないです。

まずはその感覚を思い出し、大切にするところから始めましょう♪

『苦手』『キライ』と感じるセンサーを大切にする

『苦手』『キライ』は自分を守るための大切なセンサー。

HSPさんは敏感で気がつきやすいがゆえに、相手に対しても

このような感情を抱いてはいけない…

相手に『苦手』という感情が伝わって欲しくない…

と考えてしまい『キライ』という感情を押しつぶしてしまいます。

そして感情を押しつぶすことにより、『苦手』『キライ』と思っている人がHSPさんの周りに集まってきてしまい、居心地の悪い人間関係が作り上げられてしまいます。

しかし『キライ』という感情は、

これ以上近づいてはいけないよ!!!

という自分を守るための危険信号です。

今までは機嫌が悪い人がそばにいると、その不穏な空気を和ませようと近づいてしまっていましたが、危険信号だとを知って以降『苦手』『キライ』な人には必要時以外、自ら近づかないようにしました

こっちゃん

機嫌とりはしないぞっ!!

そう決めてから行動したことは、

  • 機嫌が悪い人には距離をとる
  • 気乗りしないお誘いは断る

上記を意識していました。

周囲の人間県関係を心地いいものにするには、

気乗りしないお誘いを断る

ことがとても重要になります。

  • 断ることによりお誘いを受けなくなる
  • 気乗りしない誘いでの悩みがなくなる
  • その時間を好きなことに使える

私も含めHSPさんはお誘いを断ることが苦手ですが、これをすることにより悩む時間も減り、自分を取りまく環境はいい方向へ変化していきました。

こっちゃん

ちょっと勇気がいりますが、一緒に勇気を振り絞って頑張りましょう♪

気の合う人、好きな人に目を向ける

『好き』な人との時間を大切にしよう!

上記で『苦手』『キライ』な人と距離をとれることで、その時間を『好き』な人と過ごす時間を増やすことができます。

そして『好き』な人に目を向けると、『キライ』と感じていた人への集中が薄れてきます。

私の場合であれば…

お仕事にて…
こっちゃん

明日××さんいる…。仕事行きたくないなぁ。

翌日…

こっちゃん

あーあんまり眠れなかった…。やっぱり行きたくない。

前日から負のループの始まりでした。

しかし、『好き』な人に意識を集中すると、

こっちゃん

○○さんも一緒でよかった♪

と『キライ』な人の影をうすくする事ができます。

この感覚を大切にすることで気持ちの休まる場所を広げていき、『好き』な人の前では”素の自分”を出せるようになってきました。

また”素の自分”の出すことにより、今まで関わりがなかった人と意気投合し…

”素の自分”を好いてくれる人が周りに増えました。

”素の自分”を出していこう

やりたいことを実践する

今まで押さえ込んでいたことを自分の気持ちに素直になって行動してみましょう!

私の場合は、長いこと押さえ込んでいた感情により、やりたいことすらわからなくなっている状態でした。

しかし、

  • ”素の自分”を出していくこと
  • 自分の好きな環境に身をおくこと

を続けることにより、ブログやTwitterなどやりたいことや挑戦したいことがどんどん出てきました。

Twitterでは共通の趣味や目標、自分がやりたいと思えることに対して、応援してくれる人や一緒のように頑張っていける人が増え、心地のいい人間関係が広がっていきました。(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

こっちゃん

いつも感謝しています。本当にありがとうございます(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

やりたいことがないよー!

と感じる人は、「寝たい」「買い物に行きたい」「ゲームがしたい」など日頃のしたいことから始めてみましょう♪

その気持ちにフタをせずに…(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

自分の言葉で相手に伝えること

相手に望まれる言葉を探すのではなく、自分の思いを伝えよう!

HSPさんは相手の感情に敏感なため、望まれる言葉を選んで相手に伝えがちになってしまいます。

その理由は、

  • 相手が不快になってしまうのではないか?
  • 相手の意見を否定したら傷つくのではないか?
  • どう声かけたら相手は嬉しく感じてくれるか?

とたった1つの会話の中でも、瞬時に上記の内容が頭の中でグルグル回りだします。

こっちゃん

否定することが特に苦手なんです。

そんな方は、まず初めに

思ったことや感じたことをそのまま素直に言葉へ変換しましょう

苦手な人は『キレイだな』『可愛いな』『これは嬉しかったな』と思ったことはそのまま相手に伝えてみてください。

”素の自分”を好いてくれてる人は断っただけで離れていきません。(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

こっちゃん

勇気がいるかもしれませんが一緒に頑張りましょう♪

おわりに

いかがでしたか?

心地い人間関係つくりは

  • 『好き』『キライ』の感情を大切にする
  • 『キライ』なセンサーを大切にし距離をとる
  • 『好き』な人に目を向ける

など自分の行動を変えることにより、徐々に変化していきます。

繊細で敏感すぎるHSPさんにとって『キライ』な人と過ごす時間を長くしてつらい思いをするよりも、

”素の自分”を出して『好き』な人と過ごす時間

がとても大切なことだと思います。

そして”素の自分”を大切にすることにより、あなたの素が好きな人たちが集まります。

行動するのに勇気はいると思いますが、少しでも気の合う人達と過ごせる時間つくっていきましょうね♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

こっちゃん

Twitter(@nurse_hsp)もしてますので、もしよければ覗いてみてください(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)

ブログ村に参加中♪♪ポチりと応援してもらえると嬉しいです♡

繊細さん(HSP)ナースのゆるゆるブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる